20年春闘、コロナ禍で交渉難航-賃金改善は23組合、1ヶ月6262円

サービス・ツーリズム産業労働組合連合会(サービス連合)は8月4日、2020年春闘について6月19日時点の集計結果を報告した。それによると要求書を提出したのは115組合で、そのうち賃金改善を要求したのは75組合、一時金は92組合、最低保障賃金は73組合となった。サービス連合にとって今年の春闘は「ツーリズム産業にとって存亡の危機、危機的と表現される状況」(会長の後藤常康氏)のもとで進められ、長引くコロ... 続きを読む

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

デスティネーション

デスティネーション

香港最新レポート、「拍子抜け」するほど平常、新施設の開業も

2018年には、129万人の日本人が訪れた香港。同年の日...

インタビュー

インタビュー

【コロナに負けず】カタール航空太平洋地区副社長のスクルービー氏

カタール航空(QR)は今年の6月、新たな太平洋地区副社長...

イベントレポート

イベントレポート

新型コロナでWEBセミナー、回復に向け必要なことは?-JATA開催

日本旅行業協会(JATA)は先ごろ、2日間にわたって「新...

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ